正社員の仕事をやめた日

business_taisyoku_todoke

私は2016年4月30日で

大卒後ようやくなることのできた正社員の仕事を辞めた。

大卒後ろくに就職活動もせず、卒業してからもふらふら働いてたのに

せっかくなれた正社員を辞めるなんて、

親になんて言ったらいいのか、言ってもどうせ反対されると思うと言えず、

3日くらい、仕事辞めたことと、今後の計画を書いたメールを父親に送信して、

ずっとシャワー付きのネカフェで過ごしていた。

親からはメールも来るし、ずっとこのままでもいれず、結局実家にはそのあとすぐ帰ったけど

あれから、今もなお、家での居づらさは続いている。

話せば長くはなるのだけれど、なんで正社員の仕事を辞めたかってかいつまんで言えば、

人間関係も、仕事内容も、業種も、みーーーーんな嫌だったからだ。

仕事をしてて良かったことといえば、土日休みなところと、給料をちゃんともらえること。

それだけでも、恵まれているといえばそうなのかもしれないし、

自分に我慢が足りなかっただけなのかもしれないとは思うし

せっかくなれた正社員、手放していいのだろうかとすごくすごく悩んだ。

けど、休みと給料という条件が満たされていても、あの職場、仕事はどうにも自分には

これ以上耐えることができなかった。

せめて、信頼できる上司がいるとか、仕事自体は好きとか、どちらかあれば違っていたのかもしれない。

けど、どちらもなく、いくら生きるための手段とはいえ、休みがあっても、お金はもらえても

もう辛かったので、やめた。

本当は3月いっぱいで辞めるつもりで、会社の規定の1ヶ月前には直属の上司である課長に報告した。

けど、当然のようにまあ3月は無理だね、みたいな反応をされ、

結局すったもんだがありながら、それでもややこちらから強引に話して

有給1ヶ月消化も合わせて、3月いっぱいで実質辞めることができた。

もちろん、円満退職でもなく、

かなり迷惑がられての退職だったので、誰にも送別会はされなかった。

最後まで色々なところで悪口を言われながら耐えて、

最後の日は、安堵感と罪悪感でひたすら社内で泣いてしまった。

会社の人も困っていた。勝手に辞めるくせに、なんなの?って感じだったろうと思う。

たぶん、泣きたいのはこっちのほうだって思っていたに違いないと思う。

数ヶ月経った今でも、あのときの事を思い出すとよくありがちな

うわぁぁぁぁぁぁーーーー!!!!ってなるし、

1ヶ月後に制服を返しに会社に行ったときもすごく、気まずかった。

仕事を辞めて半年以上経った今、辞めたときに考えた今後の計画通りにはいかず、

これからに対して不安はあるけれど、

けど、辞めなければよかったっていう後悔は全くしていない。

今はまだ不安だけど、これから、ちょっとずつ、進んでいきたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓押して頂けると更新の励みになります↓
 
にほんブログ村 OL日記ブログ 20代OLへ にほんブログ村 OL日記ブログ 独身OLへ にほんブログ村 OL日記ブログ 派遣OLへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク